« ASIAN VISION まだ見ぬ、日本のイメージ | トップページ | ARTiT Official Blog も更新してます »

個展開催中!!

太郎千恵藏展  二つのタワー ビルディングの幻と山水
第一生命南ギャラリー 有楽町 東京

4mの新作絵画3連作が初公開 90年代の名作もあわせて展示
P1000246_4
太郎千恵藏はヴェネチア・ヴィエンナーレやテートギャラリーなどの国内外の美術館で数々の展覧会をおこない、ジェフ・クーンズ、ダミアン・ハースト、マシュー・バーニーらと一緒に参加した「ポストヒューマン」展(FAE現代美術館、スイスからヨーロッパ6カ国巡回)で子供服の動く彫刻を出品し、新しい人間表現として全世界に衝撃をあたえました。太郎のニューヨークでの個展はニューヨーク・タイムス紙上で「ギャラリーを未来的な風景に変貌させる」と絶賛されました。

絵画表現においては、日本のアニメ文化を取り入れた「トウキョウポップ」の旗手として、村上隆、奈良美智とともに欧米の日本現代絵画のブームをつくりだし、いまの若手作家に大きな影響をあたえています。98年にはVOCA奨励賞を受賞しました。本展覧会は、太郎千恵藏の6年ぶりの東京での新作個展となります。

「二つのタワー ビルディングの幻と山水」と名づけられたこの展覧会は太郎千恵藏が、雪舟や広重の山水画、アメリカの抽象絵画、ポップカルチャーのイメージのイコンをあたかも歴史的、神話的な物語のように描きだした新作の大作絵画を中心に構成されています。

P1000242_4

必見は4mの新作絵画の3連作です。「未来はゴーストのもとに」(2008)と、「シンフォニー40番 雪舟に捧ぐ」(2006-08)は初公開となります。そのほかにも6点の新作絵画が初公開となります。

3連作のひとつ「隅田川 元雅に捧ぐ、あるいはWTC」(2003-06)は、今年の1月に京都造形大学ギャルリ・オーブでおこなわれた「戦争と芸術II 美の恐怖と幻影」展に出品され、新聞6紙、美術雑誌にて絶賛されました。この作品はテロによって失われたツインタワーのビルディングが、イリュージョンとして幻想の風景の上にゴーストとして描かれています。2001年9月11日に500mの近距離で最初の飛行機がツインタワーに突入する瞬間を目撃した太郎千恵藏が、気候変動と終わりのない紛争に経済や政治が打つ手をもたない現在、芸術になにができるのか?という問いに答えた作品です。

そのほかにも、白石コンテンポラリーアート開廊展で日本初公開となり、その後「ポストヒューマン」展に出品されヨーロッパ6ヶ国の美術館を巡回した子供服の作品、ヴェネチアヴィエンナーレに出品したダチョウの彫刻、小山登美夫ギャラリーの開廊展のために太郎が描きおろした初期の大作絵画「経済の法則」(1996)も展示されます。

本展覧会に続き、岡田コレクションから90年代の絵画を集めた「Oコレクションによる空想美術館 太郎千恵藏-ポストヒューマンアーティスト」(トウキョウワンダーサイト本郷 にて 8月2日-9月21日まで)と太郎千恵藏の個展が東京で連続して開催されます。
A3_3

第一生命CSR推進室  東京都千代田区有楽町1-13-1  050-3780-3242

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/activity/bunka/gallery/index.html

TARO CHIEZO  TWO TOWERS
PHANTOM ABOVE BUILDINGS, MOUNTAIN, AND WATER

27 June – 6 August, 2008  Dai-ichi Life Gallery
Opening hours, 12 - 18pm / Closed day Saturday, Sunday, and Holiday / Admission Free / Main Sponsor; The Dai-ichi Mutual Life Insurance Company

Dai-ichi Life Gallery

1F Dai-ichi Life Main Building, 21 DN Tower, 1-13-1 Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8411

TEL :+81-(0)50-3780-3242 FAX :+81-(0)3-5221-3340

IMAGINARY MUSEUM OF THE O-COLLECTION

magical museum tour

Room 5:”Taro Chiezo - Posthuman artist”

2 August – 21 September, 2008  tokyo wonder site Hongo

Opening hours; 11am - 19pm (Admission until 18:30) / Closed day Monday, September16(Except September15) /Admission Free / Organized by Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Tokyo Wonder Site / Cooperated by Satoshi Okada Representative, Art Acephale / Sponsor NANIWA Co.,Ltd.(for Hitoshi Kuriyama)

Tokyo Wonder Site Hongo

2-4-16 Hongo, Bunkyou-ku, Tokyo 113-0033

TEL:+81-(0)3-5689-5331 FAX:+81-(0)3-5689-7501 Email:contact@tokyo-ws.org URL: http://www.tokyo-ws.org

Taro Chiezo, born in 1962, is one of the most influential and widely recognized artists in Japan. This exhibition is Taro Chiezo's first solo exhibition of new works in Tokyo in six years. Chiezo’s works have been exhibited in museums world wide since the early 1990's including, the Venice Biennial and the Tate Gallery. His Post Human exhibition at the FAE Musee d'Art Contemporain, Lausanne traveled to six museums in Europe, where Chiezo represented our new technology era’s human figure along with Jeff Koons, Damian Hurst, and Mathew Barney. The New York Times said about Chiezo's solo exhibitions in New York, “he turned the gallery space to futuristic landscapes…”

Taro Chiezo’s painting emerged along with Takashi Murakami and Yoshitomo Nara in Tokyo Pop, which paints from appropriate popular images of contemporary Japanese Anime and Manga cartoons. This has heavily influenced a younger generation of artists.

Entitled Two Towers - Phantom above Buildings, Mountain, and Water, the current show’s new body of work furthers the artist's interest in figuring historical and mythological narratives within the imagery and iconography of popular culture and American abstract paintings, and of traditional oriental Sansui landscape paintings such as Sesshu and Hiroshige. Chiezo witnessed the moment of the first 911 plane crash from a distance of 500 meters. From that experience, Chiezo spent six years in finishing a large scale painting Sumidagawa after Motomasa and or/ WTC 2003-6, struggling with what art can do in the age of anxiety caused by disaster, climate change and continuous wars, a question to which economics and politics do not have an answer. Additionally, Principle of Economy 1996, the large scale painting Chiezo made for Tomio Koyama Gallery's opening exhibition, will be shown in this exhibition.

Taro Chiezo's exhibitions continue in the selection of his 90’s paintings from the Okada collection: Magical Museum Tour Room 5: Taro Chiezo Posthuman Artist at Tokyo Wander Site Hongo, August 2 to September 21.

« ASIAN VISION まだ見ぬ、日本のイメージ | トップページ | ARTiT Official Blog も更新してます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88557/22187831

この記事へのトラックバック一覧です: 個展開催中!!:

« ASIAN VISION まだ見ぬ、日本のイメージ | トップページ | ARTiT Official Blog も更新してます »